『日本型リア充の研究』一部原稿を読めます!

この国の絶対的強者「日本型リア充」

若年層に広がる階級格差に光を当て、

リア充の打倒・放逐を目指す野心作。


定価 1,620 円(本体 1,500 円 + 税)

四六 判/ 224ページ

2019年04月12日 発行


この国の勝者と敗者は、生まれた瞬間から決まっている――。

渋谷ハロウィン暴動事件、「ミスター慶應」強姦事件など、

世間を騒がす無鉄砲で野放図な若者たち。

彼らは人生が保証された絶対的強者「日本型リア充」である。

若年層を中心に広がる「日本型リア充」との階級格差。

それは人格形成にまで影響を及ぼすほど深く、甚大である。

「日本型リア充」とは一体何者か。

彼らとどう闘い、如何にして打ち勝つか。

本書は、この困難な問題に挑むすべての非リア充に届けたい、武器としての言論である。




著者

古谷 経衡 (ふるや つねひら)

1982年札幌市生まれ。立命館大学文学部史学科卒。日本ペンクラブ正会員。主な著書に『日本を蝕む「極論」の正体』『左翼も右翼もウソばかり』(新潮社)、『「意識高い系」の研究』(文藝春秋)、『「道徳自警団」がニッポンを滅ぼす』(イーストプレス)、『ヒトラーはなぜ猫が嫌いだったのか』(コアマガジン)等多数。テレビ、ラジオでもコメンテーターとして活躍中。



目次

第1章 「リア充」とは何か――日本型リア充の誕生

 第1節 この国の勝者=真のリア充(土地取得の先行者たち)

 第2節 パリピとは何か――非内省型人間

 第3節 「日本型リア充」とは何か

コラム 「日本型リア充」を政治家で例えると――鳩山由紀夫

    「愚鈍な日本型リア充」――麻生太郎

第2章 土地の格差をどうするか?

 第1節 どうせ家は買えないのだ。諦めろ。

 第2節 田舎の土地を買い、倉庫を建てる

 第3節 不足する家族向け物件と官製忖度

 第4節 帯状の扇状地に800万円以下の家を買おう

コラム 「最凶の日本型リア充」――ミスター慶應強姦事件

第3章 日本型リア充を超えるとき

 第1節 「大学デビュー」の幻想と非内省型人間

 第2節 「持つ者」への抵抗

 第3節 固着化する世襲への恐怖

以上になります!

この続きが気になる方はお近くの書店様にてご覧ください。

また、お近くに書店様がない場合にはアマゾンや楽天でも販売しておりますので、

こちらもご利用ください。


自由国民社フリーリーディングスペース

書籍の閲読サイトです。楽しくお読みくださいませ!!さまざまなジャンルの書籍を先読みできるようにしますので、 是非アクセスください。

0コメント

  • 1000 / 1000